坐骨神経痛とは?

2017年09月28日(木)

整体院 尚希の金津です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のテーマは「坐骨神経痛」についてお伝えします。

腰痛がある方に多くなりやすい症状です。

坐骨神経痛とは?

主にお尻から足にかけてシビレや痛みが発生し、力が入れづらい、人によっては感覚障害、排尿、排便の障害も起こっている状態です。

テレビや雑誌などで坐骨神経痛を病名に近い形で言われていますが、坐骨神経痛は症状であって診断名ではありません。

 

この症状を起こす病名には、若い方は腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を訴えるが多く、その他に変形性腰椎症、腰椎すべり症、良く走っている方やスポーツをする方に多いのが坐骨神経をまたぐ梨状筋症候群などがあります。

先日お伝えしましたご高齢の方に多いのは脊柱管狭窄症で起こしやすいです。またレントゲン、MRI等で背骨などに異常が見られないが、患者側がお尻や足にかけてのシビレを訴えるなどがあると”坐骨神経痛”と言われます。

ですので、坐骨神経痛の多くは原因が特定しづらく、症状も人によって軽度のものから重度のものまであります。

 

坐骨神経痛になりやすい方は?

・重たい荷物運ぶ作業が多い方

・長時間座り続けて作業するパソコンなどのデスクワーク、バス、タクシー運転手

・人を介助する介護職の方

などがあげられます。

 

このような症状の方が病院で行う治療法としては

・痛み止め薬

・シップ

・トリガーポイント注射

・ブロック注射

・理学療法(干渉波、ホットパック、マイクロ波)など

・ストレッチ等の指導

があげられると思います。

歩けない、感覚まひ、膀胱、直腸障害など重症な場合は手術が行われます。

 

自分で坐骨神経痛を楽にする

まずは臀部おしり筋肉をしっかり伸ばすことです。ここではやり方は省きますが、

おしりの筋肉は多方面で動かしていることが多いので、いろんなタイプのストレッチをすることです。1種類だけではなく、最低3種類くらい行うと楽になりやすいです。

日頃からのストレスを抱えている方は当たり前かもしれませんがしっかり休むことです。

仕事などを休むことで症状が軽減するのであれば、原因は本人が一番分かっていると思います。

分かっていても忙しくて休めない、休んでもなかなか痛み・シビレが取れない方は一度当院に足を運んでみてください!

しっかりとあなたの症状に向き合います!!

 

本日もブログを最後までご覧いただきありがとうございます。

【坐骨神経痛】についてお伝えしました。

あなたの腰痛に参考になればと思います!

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!