マッサージの効果

2017年06月25日(日)

整体院 尚希の金津です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

本日お伝えするテーマは「マッサージの効果」についてお伝えします。

 

マッサージとはフランスで生まれ、フランス語でマサージュと言われる手技療法から始まり、現在に至ります。

現在あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の法律であん摩マッサージ指圧師もしくは医師免許がなければマッサージを業として行うことができません。

整体、整骨院、リラクゼーション店などでしているのに?

と思われるかもしれませんが、マッサージしますと言えるのが、法律上はあん摩マッサージ指圧師だけなのです。

 

柔道整復師、理学療法士などは一般的にマッサージと言わず、手技療法と言います。

独立した判断で行える医業類似行為ができるのは、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師です。

医師の指示のもと手技療法が行えるのが理学療法士です。

 

マッサージの効果

 

・血流量が増加する

・筋肉の緊張低下

・副交感神経が優位になり、精神的にリラックスする

 

マッサージをしてはいけないとき

 

・骨折など急性期

・お酒を飲んでいる

・からだに金属が入っている部位

・重症な心疾患

・血管障害

などがあげられます。

 

 

マッサージを強く押すのは効果ない?

 

まだ資格を取って1年目の頃、先輩からあの人強押しだからしっかり押してって言われたことがあります。

それで言われた通りに強く押しても緩まず、頭に?と思いましたが

その時は分からなかったのですが、それではなかなか筋肉は緩みません!

 

筋肉を沼の池に例えて、その沼にボートでこぐように思いっきりオールを押すとなかなか重たくて動かないと思います。

ですがゆっくり押すようにするとそこまでの力入らず、動きます。

それと一緒で力いっぱいに押したからといって緩まないのです。

強く押しすぎると、筋肉を傷つける恐れがあります。

簡単に言うと筋トレをした後に、起こる筋肉痛と似たような症状になります。

 

私はマッサージも効果があると思います。

効果が出ないなら、そのマッサージをしている部位が悪いと思います。

マッサージは硬くなっている筋肉を伸ばすから効果が出るのですが、縮まっているところではなく、伸ばされているところをマッサージするとさらに伸ばされて症状を悪化する可能性があります。

マッサージの効果がないのではなく、マッサージする部位に問題があると思います。

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。

あなたの腰痛に参考になればと思います。

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!