腰痛の姿勢

2017年07月06日(木)

整体院 尚希の金津です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日お伝えするテーマは『腰痛の姿勢』についてお伝えしたいと思います。

 

腰痛で多くみられる姿勢にご紹介します。

大きく分けると2種類あります。

1、骨盤前傾型 いわゆるそり腰です。

主にお腹が出ている人、女性などの方に多いです。

このそり腰は骨盤が前に倒れて腰の背骨も前へ湾曲している状態です。

ですので、椎間板に負担がかかり、おしり、骨盤の上あたりに痛みを出します。

特にハイヒールを履く女性は注意が必要です。ハイヒールを履くとつま先に重心を置くことになり、そのままだと前に倒れてしまいますので、バランスを取ろうとするので、腰を反ってしまうのです。お仕事上仕方ないと思いますが、極力ハイヒールを履かないことです。

そり腰の人は腰痛だけでなく、女性は特にボディラインが気になると思いますが、つま先重心の状態だとお尻の筋肉をあまり使わなくなりますので、垂れ下がる原因になります。それだけでなく、太ももの筋肉をより使うようになりますので、足が太くなりやすくなります。

そり腰の対処法ですが、まず簡単にできるものですと、”しゃがむ”ことです。しゃがむと骨盤がまえに倒れたものが、強制的に後ろに倒れます。

そうなると正しい骨盤の位置になりやすくなりますので、ぜひ行ってみてください。

詳細については動画でもお伝えしたいと思います。

 

2骨盤後傾型

特に高齢者の方に多い姿勢で先ほどの逆で骨盤が後ろに倒れます。かかとに重心がいき、そのままだと後ろに倒れてしまうため、上半身を前にします。そのようになってくると、背中が丸くなり、首が前へ出てきます。

それで猫背になってきます。

猫背のようになってくると、常に姿勢を維持する筋肉を使った状態になりますので、腰に負担がかかります。

姿勢を維持する筋肉はあまり動かないところが多いので、じっと長時間同じ姿勢でいると、姿勢自体もあまり良くないので、腰痛になりやすくなります。

このような方は太もものうしろ側が硬くなっていますので、まずそこを伸ばすことを行うとそれ以上骨盤が後ろにいきにくくなりますので、伸ばしてみてください。

その伸ばし方ですか、よくある簡単なものですと、座った状態で片足を伸ばし、その伸ばしている方のつま先を目指して、手を近づけるストレッチが有効です。

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。

あなたの腰痛に参考になればと思います。

 

練馬区で唯一の『慢性腰痛』専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!