来院頻度

2017年07月06日(木)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のテーマは「来院頻度」についてお伝えします。

 

病院、整骨院、整体、その他の治療院で次は〇〇日に来てください。と言われていると思いますが、皆さんはその説明に納得していますでしょうか。
よく、
また痛くなってらきてください!
毎日きてください!
具体的に何も言われない!
などあるかと思います。
余談ですが、私が勤めていた接骨院では出来るだけ毎日きてくださいと言わされていました。

確かに毎日来院できれば、治りは早いかもしれません。ここで大切なことはなぜ毎日来院しなければならないのかをしっかり伝えられているかが、重要です。あなたが行かれた治療院はどうでしょうか?


私の以前勤めていたところは、ただ来させたいが為にそのように来院指導していました。
毎日通えればいいですが、お仕事されていたり、どうしても外せない予定がある場合などあると思います。それは治療を受ける側からすれば、とても負担が大きいです。

適切な来院頻度とは?
これは個人差が必ずあります。姿勢、年齢などによって異なります。
例えば、施術を受けて楽になり、3日間は痛くならなかったとします。4日目にまた同じ症状が出たのであれば、まずは3日はあけないで通院する。そうすると次はまた4日あけてみる。
1週間あけて大丈夫なら10日あけてみると続けていき、1ヶ月に1、2回施術すれば痛みが戻らない状態にもっていきます。ですので、痛みが強い時は多く、通院し症状が改善してきたら、徐々に来院ペースをあけていくのが良いかと思います。
内臓にも疾患を抱えて重症な方、姿勢が崩れている方は、回数はかかると思います。ひとの体は
寝ている時に体を治します。内臓の疾患もあると、それを含めて治そうとするので時間がかかります。
姿勢が崩れている方、背骨が曲がっている方は、施術した時は良くなると思いますが、施術している時間より日常の生活の崩れている姿勢の時間が長いので、治りにくくなります。
施術が終わっていかに良い姿勢をキープできるかがポイントです。
あとは、睡眠不足であったり、夜中に何度も起きてしまい熟睡できていない方は治りが遅い特徴がありますので、良い姿勢で歪みのない状態、しっかり熟睡することが体を治す上で重要です。

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの健康にお役に立てられればと思います。

練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!