立ち仕事での腰痛

2017年07月08日(土)

整体院 尚希の金津です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日お伝えするテーマは「立ち仕事での腰痛」についてお伝えします。

 

立ち仕事での腰痛の原因動作

・家事や仕事でずっと立ちっぱなし

・営業などで常に動き回っている

やはり慢性腰痛は繰り返しの動作、長時間の不良姿勢があげられると思います。

立ちっぱなしの場合、ずっと同じ場所で警備しているガードマンを例にすると

人は重力の影響受けます。立ちっぱなしだと立った状態を維持するインナーマッスルを常に働かせています。動いていなくても筋肉が疲労してしまうのです。

この状態が長く続くと、姿勢を維持する筋肉がその状態で維持できなくなって少しでも楽になろうと不良な姿勢にしてしまい腰痛になってしまいます。

 

立ったまま動き回っている方は先ほどもお伝えしましたが、繰り返しの動作で筋肉の疲労が蓄積し、主に動かす筋肉アウターマッスルが疲労してきます。そこから腰痛へと発展していきます。

 

両方ともどこに疲労が溜まりやすいかというと、太ももの筋肉です。多いのは、太ももの裏の筋肉ハムストリングスと言われるところです。常に動かしていたりすると、ここの筋肉をよく使うので、常に筋肉は縮まった状態になり、このハムストリングスは骨盤にも付着するため、硬くなると後ろに引っ張った状態になるため腰が痛くなりやすいです。

あとふくらはぎがパンパンに硬くなっている方も多いです。

この筋肉も後ろ側につきます。

これらの筋肉を柔らかくすると腰痛の予防にもなりますので、お風呂上がりなど筋肉のや若い時にストレッチをしていきましょう。

 

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。

あなたの腰痛に参考になればと思います。

練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!