腰痛の慢性化する原因

2017年07月09日(日)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日お伝えするテーマは「腰痛の慢性化する原因」についてお伝えします。

腰痛が慢性化する原因は様々なものがあると思います。
・栄養不足
・ストレス
・体のゆがみ
など主にあげられると思います。

栄養について
次に当てはまる方は慢性化する可能性が高いので注意です。
・喫煙
・アルコール過剰摂取
・水分不足
・食事が不規則

喫煙は体に悪いのは、皆さんご存知の通りです。
食事が不規則なパターンを治すには、専門家に頼んでも3、4週間はかかると思います。
今までの習慣を治すのは大変ですよね。
アルコールの過剰摂取、お酒の飲み過ぎは、アルコールを分解するのに水分を大量に使うので、水分不足になりやすくなります。
そこで水分不足についてですが、慢性化する要因の中で一番簡単に行えます。
一日の水分の飲む量を2リットルに増やしてみて症状に変化があるかどう行ってみてください。
痛みが慢性化であるほど効果は出やすいです。
水分は、お茶、紅茶、コーヒー以外にしてください。これらは利尿作用がありますので、取り入れてもまたすぐに出でしまうためです。
ベストはやはり”お水”です。今日もですが、暑い日がこれからも続くと思いますので、毎日お水を2リットルを目標に飲んでみてください。

ストレスについて
ストレスから腰痛になると聞いたことありませんか?
ストレスの何がいけないのか?ですが、適度なストレスであればカラダにとっても良いですが、ストレスが強すぎると、呼吸が乱れます。呼吸が乱れると、全身に酸素を供給するのにうまくできなくなってしまいます。それが腰痛の慢性化に繋がります。

ストレスを抱えている人の呼吸が乱れているかチェックリスト

これに当てはまる人は呼吸が乱れている可能性があります。

・めまいがある
・立ちくらみを起こす
・意識していないのに呼吸が止まっている
・深呼吸できない
・ため息がたくさん出る
・普通に息を吸って首の筋肉が硬くなる
・すぐ息が切れる
・口がすぐ乾く
1つでも当てはまるなら呼吸が正常でないかもしれません。
これも腰痛を慢性にしている原因の一つです。

体のゆがみについて
体の左右のバランスが良くない、左右差があると腰痛を慢性化させる原因になります。
特にどこの左右差があるとバランス崩れていると言えるのかというと
やはり”骨盤”です。
左右で骨盤の傾きが違うのであればやはり、腰痛の慢性化の原因になります。
骨盤の傾きチェックリスト
当てはまるものがあったら骨盤がゆがんでいると思います。

・足の長さが違う
・長時間座っているのがきつい
・基本立っている、立っている方が楽
・足を組んでよく座る
・頭痛もある
・座るとき腰が痛い
いかがでしょうか?
あなたは当てはまりましたか。
以上が慢性化する主な原因になります。

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛に参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!