腰痛の原因となる筋肉2

2017年07月13日(木)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のテーマは「腰痛の原因となる筋肉2」です。

先日原因として多い筋肉として殿筋を伝えましたが、もう一つ腰痛の原因となる筋肉を紹介します。それは”腸腰筋”です。
腰痛の半分以上の痛みに関与していると言われています。
腸腰筋は
・大腰筋
・小腰筋
・腸骨筋
を合わせて腸腰筋と言っています。
これらの筋肉は背骨から大腿骨にかけてつきます。
働きとしては、
・歩くとき
・階段を登るとき
・座っているとき、立っているときに体をまっすぐに保つ
・走る時に足を上げる
この筋肉が弱くなると走るのが、遅くなったりします。

腸腰筋が硬くなる原因は
・やはり一番は長時間の座っていること
・車やバイクの運転
・体を丸くして寝ること
・格闘技やスポーツで蹴る動作
・側弯している方
・腰の背骨を手術した方
上記の人は腸腰筋が硬くなって腰痛になっている可能性があります。
また立っている時は本来筋肉を使う必要がないのですが、前傾姿勢であったり、寄りかかる癖がある、猫背の人は硬くなります。

腸腰筋が原因の症状
・座って立ち上がることがしづらい、痛い
・背骨に沿って縦またを横に痛みがある
・立っている時に姿勢正そうと背中をまっすぐにする時に腰背部に痛みがある
などがあります。

腸腰筋の筋力を調べる方法
なぜ筋力を調べるかというと、もし筋力が弱い場合
腸腰筋にコリがある可能性が高いからです。
筋力が低下するにはまずコリができます。
次に筋肉が凝っているので動かせる範囲が狭くなります。
動かせなくなるので筋肉は弱くなります。
1あお向けになる
2足をまっすぐ伸ばしたまま床から30センチほど両足をあげる
3その状態を10秒間キープする
この状態を10秒間保てない、保ってるのがやっとで足がプルプルしてしまう。
足を上げるとそもそも腰が痛む場合ここの筋肉が硬くなって弱くなっている可能性があります。

この腸腰筋が慢性的に硬くなっている人は、腰だけでなく、ひざ、背中、肩、首、の痛みの原因になったりするので、体の中で重要な筋肉になります。
ぜひ確認していただけたらなと思います。

腸腰筋を疲れさせないポイント
1 一番硬くなるのは長時間座っていることですので、1時間に1回は立ち上がり体を動かすこと
2 睡眠時丸くならない姿勢で寝る
3 お腹を温める
これらをもう一度確認してみてください。

いかがだったでしょうか?
あなたは当てはまりましたか?
腸腰筋はお尻の筋肉と拮抗していますので、お互いに助け合っています。
どちらかのバランスが崩れると、腰痛の原因になってしまいますので、注意してください。

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛に参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!