腰痛が治らない理由

2017年09月24日(日)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日お伝えするテーマは「腰痛が治らない理由」についてお伝えします。

なぜ腰痛が治りづらいのか、今までお伝えしてきたことも含めます。
まず腰痛は厚生労働省が言っているように85%が原因不明と発表されています。

 


病院でレントゲン等で検査しても8割以上が痛みの根源が分かっていない。レントゲンでどこも診ているかというと骨です。

転倒して骨折したのでであれば原因は簡単です。本人でもわかりますよね。それは骨が原因ですね。そこを治していけば、痛みは取れます。
骨=痛みが成り立ちます。

以前腰痛の原因は腰に原因があるに違いない!と思ってお医者さんが、腰痛の人の背骨を見たら骨がすり減っている!椎間板も潰れている!これが原因となったそうです。
先日ある記事がありました。
腰椎椎間板ヘルニアであっても痛みがない人が約8割もいるそうです。
そもそも椎間板ヘルニアによる腰痛の方が3%くらいしかいないそうです。
ということは腰痛のほとんど方にヘルニアであってもそこに原因がない、、、
ここで腰痛が治らない理由としては骨や椎間板に原因がないことが多いということです。

ですが、病院などでは骨がすり減っているからそこが原因であると判断していますので、そこをよくする治療をします。それが電気治療の干渉波、低周波であったり、腰の牽引で腰の骨を伸ばしたり、マイクロ波で温めたりします。”腰の骨には痛みの原因がない”にも関わらずです。
多くのリラクゼーションの整体や整骨院などで腰を中心に施術します。痛いところをしっかり揉んでくれます。
気持ち良いけど、少し時間が経つとまた痛む、家に着いたらまた痛む人が多くいると思います。
腰の痛みは結果であり、原因でない場合が多いです。もちらん腰が原因の腰痛もあります。
例えば、デスクワークの人であれば、足に原因があったり、上半身に原因があったりします。
ですので何度も言いますが、症状の部位=原因ではないということです。

世の中にゴットハンドと言われる人たちがいます。その方たちは痛みの部位はあまり注目していない先生方が多いです。有名な先生ほど全身を診ています。そして検査をしっかり行い、評価した上で治療を行なっています。検査と評価を重要視しています。
あなたがいつも通っている治療院はいかがでしょうか。
もしあなたの通っている治療院が検査、評価をしっかり行う院なら良い院ですね。

 

本日を最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛に参考になればと思います。

練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!