腰痛エクササイズ

2017年07月16日(日)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のお伝えするテーマは「腰痛エクササイズ」についてお伝えします。

 

雑誌、テレビ、本等で腰痛改善エクササイズですとか、一度は見たことがあると思います。
色々ありすぎてどれをしたらいいのか分からないと思います。
そこで簡単にできるエクササイズをお伝えします。

なぜエクササイズをしないといけないのか?筋肉が硬くなっていたり、関節が硬くなっていると動かせる範囲が狭いです。


そうなってくるとコリができやすくなり腰痛を引き起こします。
例えで言うと、朝起きた時あまり寝返りを打たなかったりすると、筋肉が硬くなり、腰に痛みを感じる方多くいると思います。また運動不足の方の対策として行います。


慢性腰痛の場合、その原因となっている筋肉をもう一度正しく使えるようにしていかなければならない。

エクササイズをしっかり行っていくと筋肉をしっかり曲げ伸ばし出来るようになります。曲げ伸ばしがしっかり行えると筋肉トレーニングを効率よく行えるようにもなります。そして筋肉つけば、多少の悪い姿勢であっても痛みに耐久力をつけることもできます。ですのでまずは筋肉トレーニングを行う前提として行なってみてください。


1、まず痛みを取る
2、痛みが楽になって状態でエクササイズを行う
3、動かせる範囲が広がってきたので、筋肉トレーニングを行う

この順番で行なっていくと最短で痛みが取れる上に、腰痛予防にもなります。
私も以前腰痛だった自分をこの順番で改善していきました。

なかなか仕事をしていたり、家事に追われているとなかなか時間が取れないという方も行えるエクササイズをお伝えします。

エクササイズを行う注意点
・いきなり頑張りすぎないようにする
・はじめはゆっくり小さな動きで行う
・回数も5〜10回にする
もし痛みが発生したら、その半分の回数にし、痛みが引くのを待ちましょう。

1、大股歩き

片足で通常の歩行と大股の歩行を交互に行う。
左右15歩程度を交互に行う。×3セット

2、つま先の内外向け

・立った姿勢でつま先を外側に向ける(5秒)
・つま先を内側に向ける(5秒)
これも3セット行い、少しずつ動かす範囲を広げていく。
そこまで激しい動きではないですが、特にお尻の筋肉に効果があります。

いかがでしょうか?
この二つなら仕事での移動中や家事が忙しくても簡単にできると思います。
空いた時間に腰痛エクササイズを行い、腰痛を改善していきましょう!

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛に参考になればと思います。

練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!