上半身からくる腰痛

2017年07月30日(日)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のテーマは「上半身からくる腰痛」についてお伝えします。

腰痛の原因は、痛いのが腰だから腰に原因があると思うかもしれませんが、そんなことはありません。今までお伝えしているところはほとんど腰でないと思います。
もちろん腰の場合もあります。
重症な方ほど痛みがある部位が腰だけでなく、肩こりや首に痛みを抱えてます。
その上半身からくる腰痛ですが本日は”2つ”の部位をお伝えしたいと思います。
全身は筋膜で覆われています、頭のてっぺんから足までつながっています。
その縮こまったところを緩めると腰痛の痛みが取れることが多くありますので、ご紹介いたします。

1つは首の筋肉の斜角筋、もう一つは広背筋です。

斜角筋とは?
初めて聞かれる方も多いと思います。斜角筋は首の横側についていて、前斜角筋、中斜角筋
、後斜角筋の3つあります。
この筋肉はそれぞれ長さが違く、首の背骨の横から肋骨に付着している筋肉です。
これらの筋肉の働きとしては、呼吸で息を吸った時に肋骨を上にあげる、スポーツなどをして息が上がっている時にも良く働きます。

硬くなる原因
上記の息が上がっている時はもちろんですが、普段からお腹を使って呼吸ができていなく、胸で呼吸していることが多い方が硬くなりやすいです。
普段緊張しやすい人、喘息の方も斜角筋が硬くなりやすいです。
お仕事などでパソコンをよく使って腕を常に前で作業する方、重いものをいつ背負っている人も硬くなりやすいです。

広背筋とは?
人体で最も面積の広い筋肉で、文字の通りに背中も走行していますが、骨盤から腕にかけて付着する筋肉です。
働きとしては腕を後ろにしたり、内側に持ってきたりします。

よく公園などで鉄棒を両手でぶら下がっている人がいますが、その方達は広背筋を伸ばしています。よく伸ばすと身長が伸びたというように、普段から猫背で体を丸めている方は身長が本来の位置に戻ります。姿勢が悪い人は広背筋が硬くなっていることが多いです。
腰痛以外にも五十肩など腕が上がりにくい人も硬くしてしまっている場合があります。

また広背筋は骨盤にもつくように腰痛の原因にもなりやすく、お尻の筋肉が正常な位置にないと広背筋にも負担がかかります。
この筋肉もデスクワークの仕事の方が特に負担がかかり硬くなっていることが多い筋肉です。

これら2つの筋肉も腰痛の原因となりやすく、また腰痛だけでなく、肩こりなども併発している方は慢性的になっていることが多いですので注意してみてください♪

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございました。
あなたの腰痛に参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!