骨盤からくる肩こり

2017年08月03日(木)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のテーマは「骨盤からくる肩こり」についてお伝えします。

腰痛で長年苦しんでいる方、痛みがある箇所が2ヶ所以上ある方は、痛みがある状態が当たり前になっていると思います。
重症な方ほど腰痛だけでなく、肩こりや頭痛に悩まれている方がとても多いです。
そのような腰痛と上半身の痛みを抱えている方にお伝えしたいと思います。

それだけの腰痛や肩こりで悩まれているなら、今まであなたはリラクゼーションのマッサージや整骨院などで施術を受けていますよね。
肩こり筋と言われる僧帽筋をよく揉んでもらっていると思います。それで楽になっていればこのブログを見てないはずです。困っていないので。
ご覧になっていただけているということは、肩こりが楽にならない、もしくは揉んでもらっているとき、少しの間良いのだけれどもまたすぐに痛みが出てきてしまうのであれば、それは対処療法であると思います。
対処療法とは、病院で痛みが強いから痛み止めの注射をしましょう、湿布を貼って安静にしてください、と同じことです。これであなたの肩こりが治るでしょうか?
安静にして治る自己治癒力が高い人であったり、あまり体がゆがんでいない人ならそれで治る子もしれません。
ただ多くの人は自分の姿勢によるゆがみに気づいていません。
気づいていてもそれほど重要だとは思っていません。
注射をしても、湿布をしてもゆがみが治っていないので、いつまでも痛みが取れないのです。

デスクワークをしている人、よく座って作業する人の肩こりを例にお伝えします。
座って作業する人は、長時間同じ姿勢であったり、パソコンなどで手をよく使っています。
手の使いすぎも肩こりになります。
もう一つは今回お伝えする骨盤からくる肩こりです。
どこの筋肉に注目するかというと”広背筋”です。
広背筋は背中だけの筋肉だと思われているかもしれませんが、この筋肉はだいぶ大きく、骨盤のところから腕にかけて付着する筋肉です。長時間座って仕事や作業されていると体が重力に負けて丸くなります、そうなると広背筋が硬くなります。広背筋は骨盤にも付着しているので、骨盤の位置も変わってきます。また広背筋は腕の筋肉とも繋がっていますので、腕を酷使すれば手も疲労します。そうなると肩に痛みを出すようになります。
あなたは今までに肩こりで広背筋を触ってもらったことはありますか?
なければぜひ広背筋を緩めていきましょう!!

 

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛の参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!