肩甲骨の位置

2017年08月06日(日)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日お伝えするテーマは「肩甲骨の位置」についてです。

皆さん肩甲骨についてどのようなイメージがありますでしょうか。
腰痛と肩甲骨何の関係があるのか、気になると思います。特に体硬い人、腰痛もあるし、背中がガチガチな人は肩甲骨周囲の筋肉が硬くなっていることが多くあります。
右肩があげっている人もいれば、左肩が上がっている人もいます。肩甲骨周りの筋肉などが固まると肩甲骨は正常な位置になく、体に負担をかけてしまいます。

肩甲骨が硬くなっていると、例えば後ろに反って腰に痛みがある場合、肩甲骨周囲の硬さのせいで腰痛を起こしていることもあります。
肩甲骨の位置ですが、背骨から肩甲骨の内側縁と言われる肩甲骨の内側の間の位置が、男性ですと大体7cmで女性ですと、約6cmくらいの間であれば正常になります。
これ以上狭いと胸を張り過ぎています。
これ以上広がっていると背中が伸ばされていて、腕が前になってしまっている猫背の方に多い姿勢になります。
ですので肩甲骨の位置はとても重要になります。
筋肉は骨に付着します。当たり前ですが肩甲骨も骨ですので筋肉の影響をとても受けます。
例として、左肩が右肩と比べると上に上がっているとします。肩甲骨も左のほうがあげっているとする場合、肩こり筋肉と言われる僧帽筋上部線維、肩甲挙筋が硬くなります。この場合2つの筋肉を緩めれば、肩甲骨は元の位置に戻っていきやすいです。

肩甲骨周りに付着する筋肉についてお伝えします。

 

肩甲骨に関わる筋肉

肩甲骨を上にあげる筋肉は主に菱形筋、肩甲挙筋、僧帽筋上部線維があります。
背中や肩、首の筋肉です。

肩甲骨を下げる筋肉
僧帽筋下部繊維です。
重力で耐える必要がないため少ないです。

肩甲骨を外側に開く筋肉
小胸筋、前鋸筋です。
肩甲骨から見ると前側、側面にあります。

肩甲骨を内側にする筋肉
僧帽筋中部線維、菱形筋です。

他にもたくさん関わる筋肉はありますが、ざっと挙げるとこんな感じです。何が言いたいかというと、肩甲骨はいろいろな筋肉の影響を受けるということです。普段同一方向に動かすくせがあったりすると、片方の筋肉が硬くなります。片方が硬くなるともう一方は伸ばされます。それでゆがみや肩甲骨の高さの違いなどが出てきます。
下半身は骨盤が土台になります。上半身は肩甲骨が土台になります。筋肉を緩め、それぞれの土台をしっかり整えると腰痛やその他の痛み不調が治りやすくなります。

本日も最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの健康の参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希
http://nerimanaoki.com

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!