肩こり、膝関節から腰痛になる!?

2017年08月14日(月)

整体院 尚希の金津です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のテーマは「肩こり、膝関節から腰痛になる?」です。
肩こりから腰痛に!
よくあなたの腰痛は膝からだよとか、腰痛も肩こりもあるという人が重症なほどあります。
これはよく患者様から聞くので、あなたも言われたことや、ご自分でそう思っている方が多いと思います。
まず前提として肩こりでもそもそもの問題はゆがみです。ゆがみを治していけば痛みは結果として取れてきます。
肩こりの多くは肩甲骨をあげる筋肉の肩甲挙筋、様々な動作に作用する僧帽筋が緊張しすぎることで起こります。
それが起こってくると首は左右特に凝っている方に偏ってきます。こうなると重心がずれてきてそのままでは倒れてしまうので、反対側に力が入ります。横にある腰の筋肉や腹筋に負担がかかりやすくなります。
筋肉で体を支えるといるとすぐ疲れてしまうため、関節などを筋肉に負担がかからないように代償してきます。上半身だけですと(腹筋や腰の筋肉)支えきらなくなり骨盤を偏位させて、バランスを保とうとします。そうなってくると筋肉の負担は減っても関節の負担が増えて痛みを出してきます。
これが多くの方にある肩こり、腰痛の発生メカニズムです。
ですので解消するには肩の肩甲挙筋、僧帽筋だけをもんで治療してもその時は気持ちはいいかもしれませんが、またすぐに痛み出します。肩こりと一生付き合わないといけないと思っていてそれでも治したいとお考えなら骨盤の状態も見ていく必要があります。

膝関節から腰痛に!
膝関節の場合高齢者に多い疾患ですので年齢とともに変形をきたし、立っている状態でも膝が曲がったままになっています。そのような状態ですと体の重心が後ろにきます。そのままだと後ろに倒れてしまうので前側の筋肉を使ってバランスを保とうとします。筋肉に負担が大きくなってくると、先ほどもそうですが関節を動かして調節しようとします。この場合背骨を前へ倒してバランスお取ろうとします。猫背の状態にします。その状態が長く続くと今度は重心が前へいき、背中側の筋肉に負担がかかってきますので、腰痛になります。
またそれが骨の負担に耐えきれなくなり強い痛みをだします。
ですので早め早めの治療が大切になってきます。
特に50代くらいですと女性は膝の痛みが出やすくなります。膝に痛みがあっても、まだ膝が伸ばせる状態なら治りが早いです。
解消法としては膝は股関節と足関節の間にあります。間にあるということは股関節と足関節の影響を受けますので膝の上下にある両方調整していくと膝の痛みがなくなりやすいです。

最後までブログをご覧いただきありがとうございます。
あなたの腰痛に参考になればと思います。
練馬区で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 尚希

  |  

LINEでも問い合わせ・予約受付中!